多様性に富むまち、新宿が多様な「アート」で魅力あるまちづくりに切り込む 夏の一大アートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ」の、これまでとこれから。

Pocket

(新宿区文化観光産業部 副参事〈にぎわい創出等担当〉 淺野祐介さんに聞く)

始まりは9日間の学生アートコンペティション

年々その規模を拡大し、2017年は新たに12名のアーティストを加え、過去最多29名のアーティストが参加して行われたアートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ2017」。
学生から世界的に有名なアーティストの作品まで、まち中の路上で、ギャラリーで、高層ビルのアトリウムで、気軽にアートに触れ合うことができる美術イベントとして、着実にブラッシュアップしながら回を重ねてきた。
新宿の歌舞伎町、東口、西口、南口各エリアにまたがり、街を挙げて開催される同イベントは124万人の来場者を数え(2016年は119万人)、8月から10月までの2か月間にわたり開催された。

すべての始まりは2011年、学生向けにアート作品を公募、審査員による審査と一般からの人気投票を実施し、そのコンペティション作品を公共空間に展示するという9日間のアートフェスタだった。
『学生クリエイターズ・フェスタ in 新宿2011』と名付けられた記念すべき第1回は、歌舞伎町周辺を舞台にした、今よりまだずっと小さな規模のものだった。

遡ること2005年、「歌舞伎町ルネッサンス」という取り組みが新宿で立ち上がった。「歌舞伎町を誰もが安心して楽しめるまちに再生する」というコンセプトの下、歌舞伎町が〝エンターテイメントシティ″として大衆文化や娯楽などの発信拠点となるような、新たなまちづくりの実現を目指した。「新宿クリエイターズ・フェスタ」もその事業の一環として、アートを切り口に学生の自由な発想・想像力でまちに賑わいを生み出そうと位置づけられたのだった。

実は新宿区は、大学だけでなく専修学校や各種学校を含めると23区内で学校の数が一番多い区なんです。芸術を学びに来ている学生も多くいますが、アートを学ぶ学生たちにとって、作品を出展する機会が限られているという状況がありました。そこで、フェスタのスタートに当たっては、多くの学生が参加し、広く発表できる場としてこのフェスタを活用してもらえたら、そして同時に新たな層が新宿に足を運んでもらえたら、という思いがありました。

副都心線が繋がったことで、東京芸術劇場を有しアニメ関連のコンテンツも力強く発信する池袋や、町全体を新しくしていこうという勢いがある渋谷と並び、新宿が埋もれてしまうのではという危機感も地元にはあったのだという。
制作にある程度の期間を要するアートイベントながら、毎年開催してきたのには、行政、地元の商店街の「新宿クリエイターズ・フェスタ」を街に根付かせ、広く認知してもらおうという思いが込められていたのだった。

初年度は『繋がりの誘発』をテーマに、「空間デザイン」「デジタル映像」の2部門で集めた作品を展示したり、シネシティ広場に設置した20台の小型モニターで映像を映し出したりしたほか、ゴールデン街の文化が体験できる体験プログラムを用意、また学生サウンドライブなども行われた。


世界的アーティストの参加、子どもたちにもアートを

新宿という街をアピールする学生のアートフェスタは、2年目には早々に大躍進する。学生だけでなく世界的なプロアーティストの出展や子ども向けのコンテンツが組み込まれ、開催エリアも広がりを見せた。

「PUMPKIN」2012 ©YAYOI KUSAMA

「PUMPKIN」2012 ©YAYOI KUSAMA

巨大宇宙蟹Cracco ©Yoichiro Kawaguchi

巨大宇宙蟹Cracco ©Yoichiro Kawaguchi

新宿区名誉区民でもある前衛芸術家・草間彌生さんの代表作、水玉の南瓜のバルーンを特別企画として展示できることになり、またCGアートの第一人者である河口洋一郎さんが手掛ける進化型宇宙生物の立体造形作品も集結、展示を行いました。草間さんや河口さんの立体物といったものを展示するとなると、なかなか東口には展示場所を探すのが難しい。西口には天井の高い高層ビルの一階のアトリウムなど広くて明るい、展示場所としては良い環境が揃っているということもあり、また広域的に開催した方がインパクトもあるということで、この年、歌舞伎町から開催エリアが一気に広がりました。

同年より続けられている子ども向けプログラムは、この年初参加の蟹江杏さんの存在が大きかったという。

蟹江杏さんが子どもたちと描いた作品

蟹江杏さんが子どもたちと描いた作品

版画家の蟹江杏さんは、美術館での個展、絵本制作など幅広く活躍されているアーティスト。東日本大震災で被災した子どもたちを支援する『NPO法人3.11こども文庫』の活動を手掛けられていたこともあり、蟹江さんが中心となって『こどもアートプログラム』を開催しました。子どもたちが気軽にアートに触れ、アーティストと一緒になって大壁画を描いたり、作品を作ったりできるワークショップやイベントが取り入れられました。毎年大きなキャンバスを設置しミュージシャンの生演奏に合わせて描いたり、ホテルグレイスリー新宿のテラスでは毎年テーマを変えて、世界各国のたくさんの子どもたちが蟹江さんと一緒に絵を描いたりしています。

3年目となる翌2013年には、草間彌生さんの作品をメインビジュアルに使い、フェスタで世界初公開となる新作の展示も行ったほか、新宿を世界に発信する写真家、森山大道さんのヴィンテージプリント・コレクションも展示された。こうしてフェスタは、「アーティスト展」「こどもアート」「学生アート」「まち中アート」と、4つの軸が生まれ、この年からこの4つの軸で展開されるようになった。

「ライブ感」を意識した2017年のフェスタ

プロアーティストによる出展は大きな目玉ともなり、約2週間の開催期間についても「これだけ多くの人が関わってくださっているのに、短い期間で終わってしまうのはもったいないのでは」という声も出てきたという。

新宿には、夏は『エイサー祭り』、秋は『大新宿区まつり』や『新宿まちフェス』などのイベントがありますが、8月から9月はイベントが手薄になっていました。そこで、新宿クリエイターズ・フェスタを夏から秋の期間にまたがって開催することで、まちの賑わいを持続させたいと考え、2016年から開催期間を2か月に拡大しました。

そうした中で2017年は、毎年足を運ぶ来場者が新たに楽しめるコンテンツをと考え、「ライブ感」を打ち出すことを意識したという。

MOT8さんが手掛けた壁画

MOT8さんが手掛けた壁画

完成した作品を見るだけではなく、アーティストが作品を描いている過程を見てもらったほうが楽しく、印象として強く残るのではと考えました。
中でも、第一大久保ガード(職安通りの線路の下)の壁画は圧巻でした。これは、イタリアを拠点に活動されていたストリートアーティストのMOT8(モトエイト)さんに、日常的に落書きが多い壁をなんとかしたい、暗い雰囲気を明るくするために壁画を描いてもらえないかと相談し、MOT8さんにご快諾いただいたことから実現したものです。2016年にも新宿モア4番街の配電盤2基にペイントしていただいたのですが、今回は、イベント開催中、1か月間かけて『歌舞伎町』にちなんだ『歌舞伎絵』を中心としたダイナミックな作品を、約40メートルの壁面に描いていただきました。そしてそれは、イベント終了後も引き続きお楽しみいただける作品になっています。
長坂真護さんのパフォーマンス

長坂真護さんのパフォーマンス

千葉清藍さんにによる大文字書道パフォーマンス

千葉清藍さんにによる大文字書道パフォーマンス

フラッグス前で実施した長坂真護さんのパフォーマンスや、ヒルトン東京地下一階のヒルトピアアートスクエアで行った書道家・千葉清藍さんの『大文字書道パフォーマンス』、新宿駅構内での黒板アートなど、どのライブペインティングも多くの方が見に来られました。
作品が完成していく過程や、アーティストの表情などを見られる貴重な機会になったと思います。

また2017年は、「新宿クリエイターズ・フェスタ」として初めての常設パブリックアートも設置された。

Hand of Peace

Hand of Peace

毎年、フェスタ開催後は作品を撤収してしまうので、まちのシンボルとなるようなアート作品を新宿に残すことで、よりまちの魅力を発信できたら、と2016年に企画しました。
鎌田恵務さんが手掛けた、平和を祈るピースサインをモチーフにした造形作品『Hand of Peace』を新宿センタービル公開空地に設置。
皆さんに馴染みのある新宿アイランドに建つ造形作品『LOVE』のパブリックアートと合わせて散策し、『LOVE』&『PEACE』をセットで写真を撮ってもらえたら。
もともと新宿は、民間開発などの中で、それぞれの建築物の関連意匠として造られたパブリックアートが数多くあります。探してみるとけっこう展開されているんですよ。それらは、アートという観点で横串を通した『新宿クリエイターズ・フェスタ』のような事業をやってみないと気がつかなかった重要な地域資源でもありました。それらに注目することができたという点でも意味ある事業なのかなと思います。既存のパブリックアート作品一つ一つに由緒や作者の意図があり、それを紐解いていくのも実はかなりおもしろいのかな、と思っています。


新宿の未来のまちにもっと気軽にアートを

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて外国人観光客がさらに増えることが想定されますが、東京2020大会が終わった後にどうなるかというのも気になるところです。今後も継続してたくさんの方が新宿に遊びに来られる動機になるような新たなコンテンツを考えていきたいと思っています。
フェスタ会場としては新宿駅を中心に広がりが出ているものの、スポットイベントが点在し、またそれぞれが期間内に同時に開催しているわけではないので、各イベントを点で終わらせることなく、期間の中で回遊できるような工夫もこれからの課題と考えています。
今や、いろいろなカテゴリーのアーティストの方が出展してくださっているので、出展作品全体として統一したテーマがないところが、むしろプラスなのではと受け止めて企画しています。新宿はまちそのものが良い意味で雑多で、様々なものを受け入れるという寛容な土壌があると思っています。新宿に来れば様々なアートに触れられる、アートといったら『新宿』だよね、と言われるようになるくらいまでになれたらいいな、と思っています。
海外に比べると、日本はなかなか現代アートを育む下地がないともいわれていますが、新宿を訪れる人々が街中でアートをより身近に感じられるように、今後も取り組んでいきたいと思います。

歌舞伎町から始まり、新宿全域に広がる新潮流、まちの彩を確実に変えつつある「新宿クリエイターズ・フェスタ」の今後の動きにも大いに注目していこう。